華麗なる加齢ライフ

身体や心のメンテナンスがとても大切なアラフォー世代。いつもキレイで元気にいられるための色々なグッズやネタをお伝えします♪<a href="https://happyessence2016.com/profile" rel="noopener" target="_blank">他ブログ、SNS、紹介コードなど</a>

【マツコの知らない世界】ご当地愛され和菓子の世界

スポンサーリンク

4月12日の『マツコの知らない世界』は「ご当地愛され和菓子の世界」

高島屋勤務のイタリア人女性バイヤー、ジュンティーニ・キアラさんが春の和菓子を紹介してくれました。

マツコの知らない世界 和菓子

 

 

2022年 春の和菓子最前線

丸三老舗 「極 いちご大福」

地元産の大粒いちごをやわらかなお餅で包みました。

 

夢菓房たから 「いちご大福」

二種類の白豆から作られた特製白餡と羽二重餅で包んだのは、こだわりの香川県産大粒いちご。
甘味と酸味が絶妙のハーモニーを奏でます。

e-takara.jp

 

とも栄 「ベイクドようかん 湖々菓楽」

滋賀県の石臼抹茶を使用した焼きようかんです。
抹茶の豊かな香りに、自家製白餡のなめらかさが調和した濃厚な味わい。
土台はきな粉と米粉のサブレ生地で、くるみを合わせて食感に軽やかさを加えました。
様々な香りと食感の織りなす新しいハーモニーをお楽しみください。
お茶うけはもちろん、珈琲のお供にもお勧めです。

www.sweet-tomoe.com

 

尾張菓子きた川 「いちご羽二重」

苺、羽二重餅、こし餡、その全てが主役です。
早朝に仕入れる新鮮な大粒の愛知県産 苺を口溶けの良い小豆こし餡とともにふわふわの羽二重餅でそっと包みました。
羽二重餅は最大限の火力で一気に練り込み、焦げてしまう直前で火力を弱め、そこからさらにじわじわと温度を上げていくことで、空気の多いふわふわとした独特の食感に仕上がります​。

www.owarigashi-kitagawa.jp

 

尾張菓子きた川 「へそくり餅」

蜜漬けした金柑をふわっとした口当たりの羽二重餅で包みました。

金柑を小判に見立て、絹の羽二重で包み隠す様子から「へそくり餅」と名付けました。

​羽二重餅の上品な甘みと金柑のほろ苦さがくせになる逸品です。

さらに、表面に一つひとつ丁寧に寒天をコーティングすることで、独特の食感をお楽しみいただけます。

www.owarigashi-kitagawa.jp

 

エンドー餅店 「極みづんだ餅」

大粒で、甘み、香り、味わいがよいことから、その名がついたともいわれる「秘伝豆」。
もっとも食べごろの時季に摘みとり、急速冷凍した宮城県産「秘伝豆」を、職人がせいろで蒸し、
つぶつぶの食感を残したあんに仕上げました。砂糖と塩だけで、添加物をいっさい加えていない、
創業時から受け継ぐ製法です。宮城県産の最高級もち米「みやこがね」を杵つき製法で仕上げた
弾力、ねばり、おいしさとともに、くっきりした秘伝豆の甘みが広がります。

www.47club.jp

 

旭南高砂堂 「まち子姉さんのごま餅」

山と緑にかこまれた「秋田県上小阿仁村」。そこで生まれ育ったまち子姉さんが、地元の婦人会から教わったごま餅です。レシピの大半が白ごまと黒ごまという、ヘルシーな郷土菓です。

 

板屋 「こもかぶり」

金沢に古くある屋敷の土壁を雪害から守る伝統的な風物詩「こも掛け」を表現した和菓子です。
蜜漬けにした大粒の栗を丸ごと一つ使い、北海道産小豆と特製の芳ばしい外皮で包んだ、奥深さと懐 かしさが漂う一品に仕上げてあります。複雑な形状ゆえに製造は全て手作業。熟練の職人が一つ一つ 心を込めて丁寧に焼いています。

www.itaya-net.com

 

甘納豆かわむら 「大浜の黒豆」

丹波黒でもない、北海道黒豆とも違う、能登の黒大豆

store-kawamura.com

 

甘納豆かわむら 「五郎島金時芋」

 

日本一の糖質系サツマイモでホクホク感が楽しめます。

store-kawamura.com

 

石川屋本舗 「かいちん 水族館 」

見た目もキレイな琥珀糖!
特別な寒天とお砂糖を自然乾燥で作る琥珀糖です。
金沢では昔おはじきをかいちんと言っておりましたので、おはじきの様に色とりどりになっております。
華やかでお祝い事にもピッタリです!
「水族館」は、海の生き物と金平糖の詰め合わせになっております。

 

清香室町 「金澤文鳥 加賀紅茶味」

若者にも好まれる、フルーツティーのような味わいの新感覚羊羹。
文鳥をかたどったかわいいパッケージに、一つ一つ包まれています。
ドライフルーツ入りのあっさりとした味が、辛口の日本酒やワインにも合い、いいアクセントに。

 

茶菓工房たろう  桜「窓」

桜の花びら
摘んだ蓬
それぞれの香りを
そのまま
閉じ込めた
可愛いキューブもなか

www.sakakobo-taro.com

 

佐藤屋 「乃し梅チョコたまゆら」

白あんと寒天をつかい、バターを使わず、生クリームの量も抑えつつも、しっかり生チョコの食感を実現しました。
濃厚なカカオの香り、あとにふっと現れる乃し梅の酸味。

satoya-matsubei.shop-pro.jp

 

百花園 「生キャラメルの羊羹」

佐渡バターを使った自家製生キャラメルと白餡を合わせた羊羹。キャラメルの香ばしい風味とコクが新鮮な味を引き出します。アクセントとして乾燥イチジクをのせました。

o-hyakkaen.com

 

藤い屋 「淡雪花」

しゃり、意外な食感からはじまります。
ぷるん、爽やかな果実の香りが広がります。
レモン羹には広島産大長レモンの果汁を、それをはさむふわっとしたギモーヴ(※)には果汁と果皮を使用しました。
淡雪に、雪片を花にたとえていう雪花という言葉を重ね合わせて「淡雪花(あわせつか)」と名付けました。
和や洋を超えた、新しいお菓子の誕生です。
※ギモーヴとは、フルーツピューレにゼラチンを加え、泡立ててかためたお菓子です。

www.fujiiya-coconca.shop

 

寶月堂 「チャイの和三盆」

干菓子に馴染みのない世代や地域の方に、少しでも気軽に和三盆に慣れ親しんで頂きたいと生まれたフレーバーシリーズ。
チャイの風味を出すために、スパイスだけではなく、バニラビーンズも加えて甘く優しい風味に。
疲れた時にチョコレートを口にする感覚で和三盆もお楽しみください。
油脂もカフェインも入っていないので時間を気にせずお召し上がりいただけます。

hougetudou.com

 

引網香月堂 「オーダー上生菓子」

www.hikiami.co.jp

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

引網香月堂 引網康博(@hikiami_kougetsudo)がシェアした投稿

 

今までの「マツコの知らない世界」

www.fruitfuldays2017.com

 

www.fruitfuldays2017.com

 

www.fruitfuldays2017.com

 

www.fruitfuldays2017.com

 

📺「マツコの知らない世界」記事一覧

www.fruitfuldays2017.com